終活アドバイザーとはどんな仕事?取得するメリットや合格率まとめ

終活アドバイザーの役割は、終活のサポートをすることです。

少子高齢化が進む中で、人生を見つめ直すお手伝いをできる終活アドバイザ-の需要は高まっています。

終活アドバイザーとは、どのような仕事内容なのか、取得方法や取得するメリットなどをご紹介します。

取得にかかる費用や勉強のスケジュールも解説しているので、資格取得を検討している方は参考にしてください。

終活アドバイザーの仕事内容

終活アドバイザーの仕事内容

終活アドバイザーは、終活アドバイザー協会の認定資格です。

受験資格に制限はありません。

自分らしい人生を歩き、亡くなったあとに備える準備をお手伝いします。

ほんの少し前までネガティブなイメージもありましたが、最近はメディアや自治体の呼びかけをきっかけとして、生前整理を行う方も増えてきました。

では、終活アドバイザーの主な役割をご説明しましょう。

終活アドバイザーの仕事内容
  • エンディングノートのアドバイス
  • 終活の相談
  • 専門家へのコーディネート

エンディングノートのアドバイス

貯金や保険、不動産や年金など、もしもの場合に備えてエンディングノートを書きます。

場合によっては、葬儀や遺産について向き合う場面があるかもしれません。

多くの自治体で無料配布するケースもあり、終活アドバイザーはイベントやセミナーで書き方を伝えます。

例えば、飼っているペットのお世話をどうするか。 残された土地をどうしたいか。

お墓の希望や処分して欲しい荷物など、終活に関するさまざまな課題を洗い出し、まとめ方のコツをレクチャーします。

終活の相談

「周りに終活している人がいない」「何から始めれば良いかわからない」

終活アドバイザーはこのような相談にアドバイスします。

主に遺品整理や清掃会社、介護福祉関連や葬祭業の窓口となり、終活で困っている方の話を受け止めます。

「どんな手続きをとるべきか」「 何を用意すれば良いか」相談者の気持ちに寄り添って、解決方法を一緒に考えます。

専門家へのコーディネート

弁護士や税理士、公証人や不動産鑑定士など、その道のプロを紹介します。

「名義変更はどうすれば良い?」「 生前贈与はどこまで可能? 」そういった疑問をサポートする手段として、相談者と専門家をつなげます。

相続してもらいたいけど税金が心配。 家族に負担をかけたくない。

法律の絡む難しい問題を解決へ導きます。

他にも自治体窓口への同行、相続や寄付へのお手伝い(立ち会いなど)、幅広いアドバイスで、相談者を支える仕事です。

終活アドバイザー資格の取得方法

終活アドバイザー資格の取得方法

終活アドバイザーの資格は、ユーキャンの「終活アドバイザー講座」を受講し、検定に合格すれば取得できます。

講座は、いつでも好きな環境で学べる通信講座。

3つのテキストで終活を学習し、添削課題にチャレンジ!

課題はコンピューターで診断後、講師のアドバイス付きで返送されます。

そのあと修了課題(検定試験)クリアなら、終活アドバイザーの資格取得です。

検定試験も自宅で受験可能。 60%以上の正解率を保てば合格となります。

学習に使われる教材

イラストや事例で解説されたテキスト3冊

  • 終活アドバイザーの役割や財産について
  • 高齢者への制度と医療
  • 手続きや葬儀の知識
  • 書き込み式エンディングノート1冊
  • 要点チェックの問題集1冊
  • 添削課題集1冊 ガイドブック1冊

資格取得に必要な費用

費用は、支払い方法によって変わります。

一括 35,000円
分割  2,980円×12ヶ月=35,760円

*すべて送料と税込み

支払い方法は、同封の払い込み用紙を利用するか、もしくはクレジット決済を選びましょう。

払い込み用紙の場合は、ゆうちょ銀行・コンビニ・LINEpayのいずれかで2週間以内に支払います。

どれを使うにしても、払い込み手数料66円~220円は必要なのでご注意ください。

思っていたテキストと違う。 急な転勤で資格どころではない。

そんな場合でも、教材到着後8日以内であれば返品可。

キャンセル無料、返送料のみ負担で対応してもらえます。

終活アドバイザーの資格取得メリット

終活アドバイザーの資格取得メリット

検定合格後は、終活アドバイザー協会(入会金4,000円/年会費6,000円)へ登録できます。

入会特典
  1. 認定証と会員証を発行
  2. 会員誌の購読
  3. エンディングノートを会員価格(通常1冊550円→10冊以上で1冊350円)で購入
  4. セミナー動画を無料、または優待価格で視聴
  5. 会員限定HPの閲覧
  6. 名刺・のぼり・クリアファイルなど、活動する上で必要なオリジナルグッズを提供
  7. 協会HPへ名前を記載、認知度と信頼度UP 8.会員同士の情報交換やイベントを開催

入会することで、終活アドバイザーとして役立つ8つの特典を受けられます。

もちろん強制ではありません。 取得後は履歴書へ記載できるため、終活に関わる業界の転職にご利用ください。

終活アドバイザーまでのタイムスケジュール

終活アドバイザーまでのタイムスケジュール

テキストに沿って学習をスタートさせたら、平均4ヶ月程度で資格を取得できます

勉強時間は、1日30分~60分。

空いた時間を利用して、無理のないスケジュールで始めましょう。

モデルケースは、テキスト1冊につき1ヶ月。

3冊あるので3ヶ月+検定試験期間です。

標準学習期間は4ヶ月設定となるため、受講期間内であれば、検定が不合格でも再試験可能

「仕事が忙しくて勉強の時間もとれない」「思ったように進まない」 人によってさまざまな事情もありますが、4ヶ月を超えても心配ありません。

標準学習期間はあくまでも目安。

受講開始から8ヶ月は質問+添削サービスを受けられます。

「1人だと勉強がはかどらない」「テキストの内容を理解できない」 そんな場合は、「学びオンラインプラス」をご利用ください。

利用料は無料でWEBテストに対応しているため、検定試験の前に腕試しすることもできます。

それぞれのポイントを解説動画にまとめているので、何度も見て復習しましょう。

テキストでは得られないリアルさがあり、通信講座でも対面授業のような感覚を味わえます。

なぜ終活アドバイザー資格が必要なの?

なぜ終活アドバイザー資格が必要なの?

終活アドバイザーは終活の専門家。

深い知識を持つ証明なので、相談者に安心してもらえます。

エンディングノートを開発したNPO法人のアンケートによると、終活に対するイメージはさまざま。

エンディングノートを持っている方は、60歳以上で20.5%

そのうち書いている割合は60%です。

夢や生きがいを持つ方は65.6%ですが、老後に不安を抱える方も84.1%存在しました。

言葉は知っていても、具体的な内容まで踏み込めていないケースが多く、必要な情報も伝わっていないかもしれません。

そのため終活は「亡くなったあとの準備」と位置付けられ、「人生の後半を自分らしく生きる準備」と認識している方は多くないでしょう。

その誤解を解き、より良い終活へ導くためには、終活アドバイザーを必要とします。

これまで遺品整理や葬祭業に携わっていた人は、終活に関わる仕事を実践してきました。

資格がなくても依頼は受けられますが、より高い専門性を示すには取得しておいて損はありません。

自分が終活すると仮定すれば、資格取得者を選びたいと思うでしょう。

医療や介護、金融や不動産関係の職場も、スキルアップとしておすすめ!

終活アドバイザー資格を持って、終活に関する相談者の悩みと向き合ってください。

どんな資格か知りたい場合は資料請求(無料)。

自分に向くかどうか判断できない場合は、心理学から答えを探す「講座診断」も受けてみましょう。

終活アドバイザーのまとめ

少子高齢化の進む現代、終活アドバイザーはますます需要も高まります。

都市部で働く子供世代。 地方の郊外で暮らす親世代。

社会との関わりが違うため、終活に対する意識も異なるでしょう。

「もっと早く決めておけば良かった…」と後悔させないためにも、終活アドバイザーの活動で、人生を見つめ直すお手伝いをしてください。

おすすめの記事